草刈り作業の負担を軽減~雑草対策でアレルギーを予防~

アレルギー

何度も草刈りを行なっても、雑草は生えて成長しアレルギー被害を引き起こしてしまいます。草刈りの手間を省くためにも、雑草が生えてこないような対策が必要です。ここでは、アレルギー予防のための雑草対策を紹介します。

取り入れやすい3つの対策方法

①【砂利を敷き詰める】
雑草を全て除去した後に、庭に砂利を敷き詰める対策法があります。砂利が敷いてあれば、外から雑草の種が飛んできても地面には付きません。ですから雑草が生えてこないです。自分好みの庭にできますし、踏むと音がなるので防犯対策にも効果的です。
②【防草シートで日光を遮断】
草刈り後に防草シートを敷いておけば、砂利と同じように種を予防できます。それだけでなく、雑草の種が地面にあってもシートが太陽の光を防いで、雑草が成長を阻害が可能です。シートの上から砂利を敷き詰めれば、より高い効果を得られます。
③【気になる箇所に熱湯をかける】
雑草にお湯をかけると、根が煮えて枯らせることができます。この方法なら簡単にできますが、広範囲にお湯をかけるのは大変です。また、大量のお湯を用意しないといけないため、調理の際に使用したお湯を利用しましょう。捨てずに庭にかければ、雑草対策ができます。

雑草対策にはこのような方法を行なえば、何度も草刈りをせずにアレルギー被害で悩むこともありません。防草シートを敷くのは、草刈り業者に依頼すれば行なってくれる所があります。砂利は草刈りをしてからでないと意味がないため気をつけてください。

安全に除草剤を使用するために

除草剤を散布すれば、簡単に庭の雑草を処分できます。薬剤には全ての植物を枯らすものや、ある植物だけに効果を発揮するものがあります。自分で購入できますが、人によっては体調不良などを引き起こす可能性が高いです。万が一に備えて、草刈り業者に相談して安全性の高い除草剤を使用したほうがいいです。

TOPボタン